FC2ブログ

サークルピラミッドハウスのブログ

エロ同人誌を描いている、サークルピラミッドハウスのブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

ワルえもんは

ワルえもんは某漫画のパロディなんでまずいかなー!?とちょっと不安になってきました。
ドラえもんの同人誌は過去に訴えられたこともありますしね。
ワルえもんのネームを描き終えたんですけど凄い下品なんですよ(笑)。これは藤子先生が生きておられたら怒られますね。
著作権的にはどうなんでしょう?ゴレンジャイとかパロディなコントとかもありますし、大丈夫なんでしょうかね?
訴えられるのは当然嫌ですし、ここは描かない方が無難でしょう。
そんな事を考えながら今までさんざん同人誌を描いてきた事に気付きました(笑)。
まあ、ドラえもんとか任天堂とかは避けた方が無難ですよね。




未分類 | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<やっぱり鳩山首相は | HOME | 富樫先生作戦>>

この記事のコメント

過去の「ドラえもん」が訴えられたケースでは、あまりに完成度が高すぎて本編と混同されてしまった事が問題だったはずです。

著作権の法律は親告罪といって、基本的に著作権者からの訴えが無ければ成立しない「法律」ですから、結局は著作権者の
考え方ですよね、しかもその根拠が「著作権者の主観」ですから、極めて第三者的な実証が難しい分野です。松本零士先生の「大ヤマト」事件しかり。
判例。
ttp://ootsuka.livedoor.biz/archives/50690750.html
『3 「大ヤマト」は「宇宙戦艦ヤマト」の複製権を侵害するか(傍論)』を読んでいただければ、このテの裁判が原告にとっても
どれほど立証が難しいリスキーなものかがお分かりいただけると思います。

ただ小学館の場合は基本的に「現役」作品は
キツイですよ。「ドラえもん」は万年現役ですからね、個人的には手を出したくないパロディー分野ですよ。
2010-05-07 Fri 00:26 | URL | 電影工作所 [ 編集]
なるほど参考になります。
やはりドラえもんは現役バリバリですし、手を出さないほうが無難ですね。
完成したネームは無理やり設定を代えて描くことにしますよ。とはいっても藤子先生っぽくなるでしょうけどね(笑)。
そうなるとちょっとインパクトが小さくなりますが止むを得ないでしょう。
2010-05-07 Fri 07:10 | URL | ピラミッドハウス [ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。